第五回記念公演 春燈会


【公演名】第五回記念公演 春燈会

【日時】2019年4月6日(土) 14:30開演/17:30終演予定

【場所】セルリアンタワー能楽堂

【チケット】全席指定・2019年1月6日(日)発売開始
一般7,000円 壇信徒6,000円 学生席 3,000円こちらのフォームからお申し込みください。

【ご案内】
第一部
法話
法要「仁王会」
東光寺住職・福傳寺副住職 原祥壽
他 真言宗智山派青年僧

(休憩20分)

第二部
解説 武田文志
能「葵上」
シテ 武田祥照
ツレ 武田崇史
ワキ 大日方寛
アイ 野村太一郎

笛 杉信太朗
小鼓 鵜澤洋太郎
大鼓 亀井洋佑
太鼓 林雄一郎

後見
山階彌右衛門
野村四郎

2015年より八王子福伝寺にて始めました春燈会も五回目になり、今回は記念公演として、セルリアンタワー能楽堂にて行います。

今回上演致します「葵上」は250ある現行曲の中でも屈指の名曲。多くの先輩方の素晴らしい「葵上」を拝見し、いつか勤めたいと思っておりましたが、今回初演させて頂きます。
「葵上」は「源氏物語」を題材にし、六条御息所の生霊が光源氏の正妻・葵上をとり殺そうとしますが、比叡山の山伏の力により調伏られるというストーリーです。

 

よく知られた題材で、舞台展開の明快さ、能面にも般若を使うこともあって、初めての方にも楽しんで頂ける作品で、上演回数の多い人気曲です。
ただ、若手の能楽師にとっては大曲です。シテの御息所とは皇太子妃を意味しますが、そのようなとても高貴な身分の女性が嫉妬に悶え、同時にそのプライドゆえにそのような自分をも許せないという複雑な女性の心理を表現する高い技術力が求められます。お歴々の先輩方はそれをごく自然にこなされますが、若手能楽師にとっては至難の業です。
「葵上」にはツレ役がおり、六条御息所の生霊を呼び出す巫女の役がおります。今回は弟、崇史が勤めてくれますが、私は今まで七回ほどこのお役をさせて頂いて、様々な方の「葵上」を間近に拝見させて頂いています。また春燈会前の1月には静岡グランシップにて、2月にはフランス公演でも、「葵上」の上演があり、巫女の役を頂き、素晴らしい先輩方のおシテにて勤めさせて頂きます。葵上づいた状態で春燈会を迎えさせて頂きます。
武田祥照の挑戦を、見守って頂けると嬉しいです。